<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

済州島四・三事件68周年記念行事
「語らいと歌の夕べ〜記憶は弱者に残る」
日時:2016年4月23日(土)
場所:日暮里サニーホール
開演:18:00(前売り2000円、当日一般2500円、学生1000円)

第1部:パネルディスカッション
〈辛淑玉/北原みのり/高遠奈穂子/姜信子〉

第2部:歌と一人芝居、映像でつづる鎮魂クッ『歳月』
〈チェ・サンドン/きむ・きがん〉
主催:済州島四・三事件を考える会・東京
電話受付:03-5341-4750

b0242408_16151058.jpg
b0242408_16152836.jpg

[PR]
『生姜(センガン)』
b0242408_15421630.jpg
千雲寧(チョン・ウニョン) 著 
橋本 智保 訳 新幹社 刊  
定価:本体価格:2,000 円+ 税
ISBN:978-4-88400-115-5 C0097 


韓国映画随一の社会派、チョン・ジヨン(『南営洞1985』『折れた矢』等)監督推薦!               
「 『生姜』は私に『南営洞1985』という映画を撮 る 勇気を与えてくれた小説だ!」

拷問技術者とその娘の11 年の物語

◆著者略歴 千雲寧( チョン・ウニョン)
(1971年ソウル生まれ。漢陽大学新聞放送学科、ソウル藝術大学文芸創作学科 卒業。
2000年短編「針」( 東亜日報新春文藝) でデビュー。主な著書に小説集『針』(2000年 創作と批評社)
『彼女の涙の使用法』(2008 年 創作と批評社)『さよ なら、サーカス』(2005年 文学トンネ)『母さんも知ってのとおり』(2013年 文学と知性社) 等。申東曄創作賞(2003年)、今年の芸術賞を受賞(2004年)。

◆本書「訳者あとがき」より
本書は実在した拷問者をモデルにソニという架空の娘を設定して描いたものである。民主化闘争の真っ只中を生きてきた世代の作家なら、いまだ生々しい出来事であるだけに、そこに虚構の入る余地はなかったかもしれない。だが、『生姜』は史実を踏まえつつもほとんどがフィクションである。七十年代生まれという世代的な余裕が想像力をかきたて物語を作り上げたのだろうか。新たな物語の可能性がある。
[PR]
by shinkansha | 2016-04-18 15:28 | 出版物

『「国家を超える」とは・・・民族・ジェンダー・宗教』
b0242408_15113749.jpg

編者:黒木雅子・李恩子
判型:四六判並製
定価:本体価格1800円+税
978-4-88400-116-2


「国家を超える」とは、「境界を生きる」とはどういうことか。
多様な背景をもつ9人の執筆者が真摯に論ずる。 

民族、ジェンダー、国家、階級、宗教、言語、障がい・・・・・・。
「大きな物語」から排除され、周辺化された人々の視点
から日本社会と世界を見つめる共鳴の一書。



◆目次・執筆者
Ⅰ. 移民、国籍、言語 ▶境界との交渉に目を向ける。
▪「日系アメリカ人」の構築と変容・・・エスニシティ・ジェンダー・国家の境界にて 黒木雅子( 京都学園大学教員) /▪国籍という記号を考える・・・在日・在米コリアンの記憶と経験 李恩子( 関西学院大学教員) /▪国語・ナショナリズム・ジェンダー 佐竹久仁子(姫路獨協大学他講師)/▪日本・韓国のフィリピン人移住者た
ちによる複数の国家・国民とかかわる実践 永田貴聖(国立民族博物館・機関研究員)

Ⅱ. 私の視点 ▶ポストコロニアルな問いに迫る。
▪名付けとカテゴライズの落とし穴・・・ 在特会にみる日本の排外主義の断面 山田洋一(人民新聞編集部)/▪普遍宗教は国家を超えるか? 村山由美(南山宗教文化研究所客員研究所員)/▪壁を崩し他者と出会う 寺内真子(公益財団法人神戸YMCA 総幹事)/▪「国家を超えて」・・・ 在日の私の視点 李達富/▪格差と排除にあらがい、エンパワーメント(人間性復興)の灯りをともそう‼ 梁陽日(同志社大学講師)
[PR]
by shinkansha | 2016-04-18 15:16 | 出版物