<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0242408_15194247.jpg
b0242408_15195290.jpg
b0242408_1520780.jpg
b0242408_15201417.jpg

[PR]
【新古房】シンコバン 秋の夜長は マッコルリ♪
 みなさま

 お元気でいらっしゃいますか。
 私は、日中は新幹社で、夜は新古房にいる毎日です。みなさんの顔が恋しくなりましたのでメールをしています。

 近況をお知らせいたします。9月29日の土曜日に新大久保に行ってきました。プロダクションの知人力を入れている新人、JIWON君のライブがあって、その様子を見に行ったのです。(ちょっとでも応援になればと思ってね)。会場では何人かの知人に会いました。名前は知らないけどどこかで会ったことがあるような人など。ステージはと言うと、楽しかったです。JIWON君はいい曲に出会って、いい売り出し方をしたら、大きく羽ばたくかもしれません。そんな予感をさせるステージでした。みなさんも名前を覚えておいてくださいね。

 独島=竹島問題以降、人が来なくなったと言われていましたが、新大久保の土曜日はけっこう人が出ていました。それでもよかった時の6~7割程度でしょうか。(これは私の実感です)。

 私の考えはこうです。日本人の韓国観が変わり(もちろんよい方へですが)、新大久保が原宿のように賑わうようになった要因は、第一はキムチ(食べ物)、第二が韓流ドラマ・K-POPの流行である、と。何を言いたいかというと、政府(官)が事をおこすとトラブルになり、市民(民)が動くと友好になる、ということです。そして四谷新古房も食という場面で、社会と向き合っているということですね。それを改めて感じました。

 さて、食の話をしなければ・・・。新大久保に行ったついでに久しぶりに「コリアスンデ家」に行って、スンデクッパッを食べました。塩加減、辛さ加減を自分で調整できるよう、セウジョ(アミの塩辛)とタデギ(スープ用辛みそ)がついてきて、自分なりの味付けをするのです。やはりうまかった。「コリアスンデ家」のスンデクッパッはお薦めです。一度召し上がってみるとよいですね。
 
 以前は座敷があった店も、効率と回転を考えてか、テーブル席になっていました。自然と時代の流れに乗っているんですね。キムチだけは、自分が漬けると言っていた主の千さんは、今もキムチを漬けていることでしょう。「コリアスンデ家」に比べると当店はまだまだ「駆け出し」で学ぶことがいっぱいあると思いました。たまには外で食事をして勉強しなければならない、ということですね。

 暑い暑いと昨日まで言っていたのですが、気がつけば月がとってもきれいな季節となりました。夜も長くなって料理もおいしい季節です。雨の日は「チヂミ」と「マッコルリ」が欠かせないと韓国ではいいますが、月の美しい秋の夜長に「チヂミ」と「マッコルリ」はいかがですか。

 四谷にいらっしゃいましたら、新古房を思い出して、ぜひ、お立ち寄り下さい。
 心よりお待ちいたしております。
 禁酒ダイエット中の髙二三でした!

2012年10月3日                     髙二三(90.6㌔)
[PR]