カテゴリ:文化紹介( 15 )

◆CD◆「崔相敦(チェ・サンドン)の4・3巡礼音楽 歳月」
b0242408_16122564.jpg

崔相敦さんは、記憶に残っている方もいらっしゃると思いますが、60周年追悼集会の時にサニーホールで歳月を熱唱しました。彼がプロデューし、彼も歳月を歌っております。その他済州民芸総のメンバーの演奏も収録されています。崔相敦さんは4・3を歌い続けております。今年の済州島の65周年4・3文化芸術祝典でも5月11日まで公演活動をしていたそうです。
四・三事件を勉強したい方、60周年の追悼集会で彼を聞いた方、ぜひ1枚いかがですか?
4月24日にご購入してくださった方はどうもありがとうございました。

定価+送料でお送りします。            
「崔相敦の4・3巡礼音楽 歳月」日本語訳歌詞付 18曲収録 2,000円
CD1枚につき送料200円
販売/麻生

b0242408_16125344.jpg

崔相敦略歴:
1991年  創作ノレマダン「エルファ 君に出会い」個人コンサートを皮切りに音楽活動開始。『全国大学生統一の歌ハンマダン』で「塔洞埋立地にて」が芸術賞受賞。卒業後にバンド『歌の光 四月』を結成、代表及び音楽監督をしながら各種作品演出及び作曲。
1999年  ソロとして独立。済州民芸総4・3大叙事劇「小さな椿のうた」の音楽監督を務め主題曲とテーマ曲を作曲、演劇音楽活動を開始。
2001年 「崔相敦のX―Over乱場音楽会」というタイトルでコンサート開始。第1回光明ワールドミュージック祝祭で「ソルギ ソリ」がアラリ賞受賞。
2006年  済州4・3の現場を訪ね歩く音楽巡礼を自らに課し,凄惨の歴史が投げかける訴えを受けて曲をつくり発表しつづけている。
2008年 日本巡回連合公演『平和同行』に合流し公演、在日本4・3慰霊行事にも済州島民衆歌手として参与。
2013年第20回4・3文化芸術祝典記録事業の取り組みとして「崔相敦の4・3巡礼音楽集『歳月』制作発表。
現在、済州民族芸術人総連合会会員。音楽監督や芸術監督として活動中。

注文方法:
①希望枚数、お送り先、お名前を記載の上、新幹社の麻生宛shinkansha@sapphire.bforth.comにお送りください。
②後ほど、振込先、お振込み金額をお知らせいたします。お振込みがこちらで確認できましたら、発送いたします。

よろしくお願いします。
[PR]
by shinkansha | 2013-05-17 16:18 | 文化紹介
b0242408_1185436.jpgアジア温泉
2012/2013シーズン
With-つながる演劇・韓国編-

韓国国立劇団と鄭義信とのコラボ!!
鄭義信さんの演劇をご覧になりたい方、韓国の「マダン劇」のエネルギーを感じたい方!
ぜひこの機会に!!

作:鄭 義信
翻訳:パク・ヒョンスク
演出:ソン・ジェンチェク

出演:勝村政信  成河  千葉哲也  梅沢昌代 
出演:酒向 芳  森下能幸  谷川昭一朗  山中 崇
出演:ちすん  江部北斗 朴 勝哲

出演:キム・ジンテ  チョン・テファ  ソ・サンウォン  キム・ムンシク
出演:キム・ジョンヨン  カン・ハクス  イ・ボンリョン  チョン・ジュンテ
出演:チョン・エヒョン  キム・ユリ  キム・シユル

2013年5月10日~26日(日)
チケット料金(税込)S席7,350円、A席5、250円、B席3,150円

意味もあてもないナンセンスなアジアの温泉開発という設定で、グローバル化を奔走される人々をユーモラスに描いた作品。
その中には、島の伝統を守ろうとする人がいた・・・

アジア温泉ページ

※出演俳優「成河」は、済州島四・三事件を考える会の会長の息子。
新幹社を通してお名前、ご希望日、席の種類、枚数、連絡先を教えていただけましたら、会長を通していい席を予約可能です。
ご希望の方は、新幹社shinkansha@sapphire.bforth.com、までメール、
もしくは、会長の携帯:090-3062-6209までご連絡お願いいたします。
今回、お申し込みいただきた方は、全席10%OFFになります!
S席:7,350円→6,615円、A席:5,250円→4,725円、B席:3,150円→2,835円になります!
・・・会場は・・・
b0242408_119975.jpg
b0242408_1194023.jpg

[PR]
by shinkansha | 2013-05-13 11:10 | 文化紹介
韓国人のみなさん

韓国大統領選挙の在外国民登録をしましたか。
まずは、登録をしなければ投票することができません。

今回は、民団が主催し、大統領選挙に投票できることを歓迎し、10月7日に韓国民団中央会館8階ホールで韓国伝統音楽を主にしたコンサートを開きます。
コンサートに行くときに、あわせて韓国総領事館(韓国民団中央会館3階)で登録をしましょう!

・・・新幹社も選挙権行使することを応援します・・・
b0242408_142792.jpg

[PR]
by shinkansha | 2012-09-10 14:34 | 文化紹介
 2月に㈱富士国際旅行社が企画した「暮らしにみえる歴史-「食」と「陶磁器」を通して-」と題する学習会に、当社社長、髙二三が講師として招へいされた。
 
 「本業は本業、職業は食業です」と社長が自己紹介をする時の合言葉で講演が始まった。つまり、出版社という本の生業と、飲食店を経営しているというときのゴロが良くていつもそのダジャレを使っている。経営する飲食店(四ツ谷・新古房)でもお客様にこの挨拶は欠かせないので、ぜひお越しの際は、「これか」と思ってほしい。
 
 講演では、まず、韓国家庭料理屋を経営しながら見えてくる韓国と日本の文化の違いを例え話を入れながら面白おかしく紹介した。例えば、日本人はおかずを残さず完食するのに対して、韓国人はおかずを3、4割残すという違いがある。韓国と日本は近いが、湿度は違うため、韓国人は毎日シャワーで済ます。日本は、食べ物が腐りやすいから、日本の飲食店と、韓国の飲食店の衛生基準が違い、概して日本人は清潔好きである。お酒の飲み方の違いは、韓国は食事をしながら飲むが、日本は酒を飲んでから食事をする、など様々な点をあげ、それらは、それぞれ風土によって、食習慣、文化を作っていると指摘。

 このような飲食の話で盛り上がり、その後、朝鮮のとうがらしは、江戸時代に日本から伝わってきたこと、豊臣時代に陶工を朝鮮から連れてきて日本での焼物文化が技術改新し、その焼物が日本の暮らしを変え、日本の貿易品として経済の発展と結びついた歴史などを紹介。(新幹社刊の『陶磁器の道』李義則著、著者が直接、窯元を尋ねていき朝鮮陶工名を記した本として非常に評価が高い)

 済州島に行かれる方なども参加しており、済州島四・三事件についての質問をしている方もいらした。

 機会がありましたら、ぜひ次回の講演会で詳しくお聞きください。

 ※講演会のお問い合わせ受付中! Tel:03-5689-4070
 
 ※韓国家庭料理 新古房(四ツ谷)に社長は基本的に毎日おりますので、その場で話すこともできます。社長は話し好きです・・・・・・。
[PR]
by shinkansha | 2012-05-11 17:19 | 文化紹介
毎年4月の恒例の行事となりました。
今年も済州島四・三事件64周年記念追悼集会を開催します。
ぜひ、たくさんの方々に参加していただきたいと思います。
みなさんのお越しをお待ちしております。


済州島四・三事件とは・・・朝鮮現代史における民族最大の悲劇の一つ。一言で言えば、1948年4月3日の済州島での武装蜂起に端を発し、その武力鎮圧の過程で3万人近くの島民が犠牲となった事件。
韓国の歴代政権は、その存亡を賭けて事件を闇の中に封じ込めた。沈黙の圧力の中でも、日韓の双方で一部の作家や知識人が四・三の真実を問い続けてきたが、四・三事件についての論議が本格的に起こり、真相究明運動が始まったのは、87年民主化運動以後であった。
日本でも87年に「済州島四・三事件を考える会」がつくられた。

済州島四・三事件64周年記念追悼集会 
日時:4月23日(月)18:30(開場18:00) 日暮里サニーホール 入場券:2,000円(前売り1,800円)
Ⅰ部:パネルディスカッション「済州島四・三事件と朝鮮半島をとりまく現在(いま)」
   鵜飼哲(一橋大学教授)、桜井泉(朝日新聞記者)、文京洙(立命館大学教授)
Ⅱ部:ライブ 趙博(パギやん)
   
・・・今回の記念行事では、四・三事件の歴史的評価と共に北朝鮮の金正日委員長の逝去や4月11日に行われる韓国国会議員選挙など、揺れ動く今日の朝鮮半島情勢について改めて考えるものである・・・

主催:済州島四・三事件を考える会・東京
問い合わせ:新幹社 TEL:03-5689-4070 shinkansha@sapphire.bforth.com
b0242408_16435875.jpg
b0242408_1644374.jpg

[PR]
by shinkansha | 2012-03-28 13:53 | 文化紹介