カテゴリ:文化紹介( 15 )

昨年「ポレポレ中野」で上映しましたが、追加上映会が決定しましたのでお知らせします。

b0242408_1641341.jpg
『海峡を越えた野球少年』
監督:キム・ミョンジュン
英題:STRANGERS ON THE FIELD
製作年:2014年
製作国:韓国
上映時間:1時間43分
配給:スプリングハズカム
配給協力:太秦
製作会社:INDIESTORY Inc.

上映館:
シネマ ジャック&ベティ
タイムテーブル:
11:55〜13:45
料金:
当日:一般 1800円 大学専門 1500円、シニア 1100円 高校生以下、障がい者 1000円
前売:1400円
チェック:
韓国で開催された鳳凰大旗全国高校野球大会に出場した、在日の元野球少年たちの軌跡を追うドキュメンタリー。朝鮮戦争の戦後復興を期待して始まった大会で洗練されたプレーにより韓国の観客を沸かせた在日同胞がいたことに着目し、中でも1982年に決勝戦で惜敗した選手を取り上げ、日本で彼らを捜す旅を活写する。監督は『ウリハッキョ』のキム・ミョンジュン。二つの祖国というアイデンティティーのはざまで青春を送った少年たちの思いに心を揺さぶられる。

ストーリー:
朝鮮戦争の戦後復興のために始まり、韓国で開催された鳳凰大旗全国高校野球大会。在日の野球少年は出場するために海を越えて現地へ向かい、レベルの高いプレーを観客に見せていた。そして現在、決勝で涙をのんだ1982年の代表選手たちにプロ野球の始球式に登場してもらうべく、韓国の野球ファンが彼らを捜しに日本を訪れる。

************************************************

関連図書:
『韓国野球の源流~玄界灘のフィールド・オブ・ドリームス』
 [著]大島裕史
 [発行]新幹社 [定価]本体価格2,000円+税


b0242408_1711947.jpg

     
韓国野球の歴史は、在日コリアンなしには語れない。
韓国に野球が輸入されたのは1905年。日本が韓国の外交権を得た年であり、韓国における野球の進歩も、当然ながら、影響を受けないわけにはいかなかった。もとより、明治初期から野球が広まっていた日本との実力差は大きく、それはなかなか縮まることがなかった。・・・本書は2006年まで描かれている。

この映画と一緒に本書をご覧いただくとよく理解できると思います。
本書は新幹社推薦図書の1冊でもあります。
[PR]
by shinkansha | 2017-01-13 14:21 | 文化紹介
b0242408_1641341.jpg
『海峡を越えた野球少年』
監督:キム・ミョンジュン
英題:STRANGERS ON THE FIELD
製作年:2014年
製作国:韓国
上映時間:1時間43分
配給:スプリングハズカム
配給協力:太秦
製作会社:INDIESTORY Inc.

上映館:
ポレポレ東中野
タイムテーブル:
8/20(土)~9/2(金) 10:20
9/3(土)~16(金) 17:30
料金:
当日:一般 1700円 、大学専門 1400円、シニア 1100円、高中 1100円、小学生以下 無料
前売:1400円(Pコード:466-917)

チェック:
韓国で開催された鳳凰大旗全国高校野球大会に出場した、在日の元野球少年たちの軌跡を追うドキュメンタリー。朝鮮戦争の戦後復興を期待して始まった大会で洗練されたプレーにより韓国の観客を沸かせた在日同胞がいたことに着目し、中でも1982年に決勝戦で惜敗した選手を取り上げ、日本で彼らを捜す旅を活写する。監督は『ウリハッキョ』のキム・ミョンジュン。二つの祖国というアイデンティティーのはざまで青春を送った少年たちの思いに心を揺さぶられる。

ストーリー:
朝鮮戦争の戦後復興のために始まり、韓国で開催された鳳凰大旗全国高校野球大会。在日の野球少年は出場するために海を越えて現地へ向かい、レベルの高いプレーを観客に見せていた。そして現在、決勝で涙をのんだ1982年の代表選手たちにプロ野球の始球式に登場してもらうべく、韓国の野球ファンが彼らを捜しに日本を訪れる。

************************************************

関連図書:
『韓国野球の源流~玄界灘のフィールド・オブ・ドリームス』
 [著]大島裕史
 [発行]新幹社 [定価]本体価格2,000円+税


b0242408_1711947.jpg

※9日(17:30~)の上映後、大島さんのトークイベントがあります。ぜひ遊びにいらしてください!
         ※映画館でも書籍販売しておりますのでこの機会にご覧ください。
     
韓国野球の歴史は、在日コリアンなしには語れない。
韓国に野球が輸入されたのは1905年。日本が韓国の外交権を得た年であり、韓国における野球の進歩も、当然ながら、影響を受けないわけにはいかなかった。もとより、明治初期から野球が広まっていた日本との実力差は大きく、それはなかなか縮まることがなかった。・・・本書は2006年まで描かれている。

この映画と一緒に本書をご覧いただくとよく理解できると思います。
本書は新幹社推薦図書の1冊でもあります。
[PR]
by shinkansha | 2016-08-22 17:17 | 文化紹介
       2016東京国際ブックフェア内 韓国文学翻訳院主催トークイベント
  
      「韓国の小説を読む愉しみ」


~~~~~~~~~~~~~~~~ぜひ遊びにいらしてください(新幹社著者来日)~~~~~~~~~~~~~~~

  日本で詩人・作家として活躍中の姜信子さん、
  韓国で小説家として活躍中の千雲寧(チョン・ウニョン)さん、
  金仁淑(キム・インスク)さんをお招きして、トークイベントを開催します。
  同時代を生きる三人の作家が語る「書くこと」への思いについて語っていただきます。


千雲寧(チョン・ウニョン)
  1971年ソウル生まれ。作家。漢陽大学新聞放送学科、ソウル芸術大学文芸創作学科卒業。
  2000年短編「針」(東亜日報新春文藝)でデビュー。主な著作に『針』『彼女の涙の使用法』
  『母さんの知ってのとおり』長編小説『さよなら、サーカス』など。 2003年申東曄創作賞受賞、
  2016年の芸術賞受賞。2016年に、初邦訳長編『生姜』を新幹社から出版。

  『生姜
b0242408_14433069.jpg


金仁淑(キム・インスク)
  1963年、ソウル生まれ。作家。延世大学新聞放送学科卒。1983年、
  朝鮮日報新春文芸に選ばれ、創作活動を始める。『共に歩む道』『白刃と愛』『ガラスの靴』
  『ブラスバンドを待ちながら』『その女の自叙伝』『血縁』『炎』『79—80年の冬から春の間』
  『長い夜、短く近づく朝』『だからあなたを抱きしめる』など多数。韓国日報文学賞、現代文学賞、
  李箱文学賞、イス文学賞、大山(デサン)文学賞などを受賞。2016年9月に書肆侃侃房から
  初邦訳短編集『アンニョン・エレナ』を出版予定。

姜信子(カン・シンジャ)
  詩人・作家。86年、「ごく普通の在日韓国人」でノンフィクション朝日ジャーナル賞受賞。
  主著に『かたつむりの歩き方』『私の越境レッスン』『うたのおくりもの』(以上、朝日新聞社)、
  『日韓音楽ノート』『ノレ・ノスタルギーヤ』『ナミイ!八重山のおばあの歌物語』『イリオモテ』
  (以上、岩波書店)、『棄郷ノート』(作品社)、『安住しない私たちの文化』(晶文社)、
  『今日、私は出発する ハンセン病と結び合う旅・異郷の生』(解放出版社)、
  『はじまれ犀の角問わず語り』(サウダージ・ブックス+港の人)、『生きとし生ける空白の物語』
  (港の人)等。
  翻訳に李清俊『あなたたちの天国』(みすず書房)、
  共著に『追放の高麗人』(アン・ビクトルと、石風社)、『旅する対話』(ザーラ・イマーエワと、
  春風社)、編集に『死ぬふりだけでやめとけや 谺雄二詩文集』  (みすず書房)等。


日時:2016年9月25日(日) 無料
  16:15 開演(16:00 開場)(通訳あり)
  17:15 閉会
会場:東京国際ブックフェア展示会場内 PRセミナー会場
定員:先着60名様(無料)
主催:韓国文学翻訳院
協力:書肆侃侃房、新幹社、K-BOOK振興委員会

問い合わせ:shinkansha@yahoo.co.jp



~~~~~~~~~~~~ご来場される方はこちらから招待券のお申込みが必要です~~~~~~~~~~~

  ブックフェア招待券申込みサイト
  注)招待券がない場合は、入場料が1200円かかります。ご注意ください。招待券は、発送に2週間
  程度かかるため、早めにお申し込みください。

 【東京国際ブックフェアご来場のご案内】
  会期2016年 9月23日(金)~9月25日(日) <3日間>10:00~18:00
  会場東京ビッグサイト
  りんかい線(JR埼京線):「国際展示場」駅下車、徒歩約7分
  ゆりかもめ:「国際展示場正門」駅下車、徒歩約3分

[PR]
by shinkansha | 2016-08-19 15:10 | 文化紹介
          新幹社の本が読書感想文指定図書に選ばれました!!
第8回 韓国文学読書感想文コンテストのご案内

下記の要領で「第8回韓国文学読書感想文コンテスト」を実施します。応募される方は、感想文とともに、応募申請書(指定様式)に氏名(ふりがな)、性別、郵便番号、住所、連絡先、所属(ご職業)、課題図書名を明記の上、郵送またはEメールでご応募ください。感想文には必ずお名前を明記してください。応募はどなたでもできます。年齢や国籍、民族など、一切の制限はありません。
なお、応募申請書の様式は、長崎外国語大学のホームページからダウンロードできます。


課題図書:『ワンダーボーイ』(キム・ヨンス著、きむ・ふな訳、CUON刊)
       『生姜』(チョン・ウニョン著、橋本 智保訳、新幹社刊)

b0242408_12152574.jpg
b0242408_12122684.jpg












フォーマット:市販の原稿用紙に黒のボールペンで手書き、またはパソコンのWord機能を使って、日本語で作成すること。

字数:2,000~3,000字程度
 
応募先
○Eメールの場合:
件名に「第8回韓国文学読書感想文コンテスト申込」と記入の上、以下のアドレスに送付(感想文はPDFファイルに変換して添付すること)。
nufs.korean@gmail.com

郵送の場合
封筒の表に「第8回韓国文学読書感想文コンテスト書類在中」と赤字で表記した上、以下の住所に郵送
〒851-2196 長崎市横尾3-15-1
長崎外国語大学 松岡雄太 宛

応募締切
2016年10月31日(月)必着

審査委員
○冨田高嗣 (審査委員長:長崎外国語大学外国語学部教授、フランス文学)
○申 明直 (審査委員:熊本学園大学外国語学部教授、朝鮮文学)
○佐々木正徳 (審査委員:長崎外国語大学外国語学部准教授、韓国社会)

表彰及び副賞(※予定変更となる場合もございます)
審査委員会により、応募作品の中から優れた応募作上位5名を選抜、11月19日(土)までに受賞者へのみ通知し、表彰式を実施するとともに次の副賞を授与いたします。
○最優秀賞 1名 賞状・韓国旅行券(旅行券10万円相当)
○優秀賞 2名 賞状・韓国豪華文化商品
○佳作 2名 賞状・韓国文化商品

表彰式(※受賞者以外の方も参加可能です)
○日時:2016年11月26日(土)13:00~16:30
○会場:長崎外国語大学 4階ホール
13:00:開会 挨拶
13:10~14:20:表彰式・審査評・入賞者感想
(休憩)
14:30~15:20:記念講演1 崔真碩(チェ・ジンソク)(広島大学 総合科学部 総合科学研究科 准教授)
(休憩)
15:30~16:30:記念講演2 金衍洙(キム・ヨンス)(『ワンダーボーイ』の作者)
参加は無料です。但し、受賞者・応募者以外の方で参加を希望される方は事前予約が必要です。
下記問い合わせ先のメールアドレスに「氏名・電話番号」をご連絡ください。

お問い合わせ先
長崎外国語大学 松岡雄太(まつおか ゆうた)
TEL:095-840-2000(代表)
E-mail:matsuoka@tc.nagasaki-gaigo.ac.jp

【主催】長崎外国語大学  【共催】韓国文学翻訳院
【後援】駐日韓国大使館 韓国文化院、株式会社クオン、読売新聞西部本社、
西日本新聞社、長崎新聞社、NBC長崎放送、KTNテレビ長崎、
NCC長崎文化放送、NIB長崎国際テレビ、長崎ケーブルメディア (順不同)

詳細K-文学.com
[PR]
by shinkansha | 2016-08-19 12:32 | 文化紹介
7月29日、30日に実施しました。お忙しい中ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

講演会は、図書館でみなさんが閲覧している中で、先生の絵を展示してある前に空間を区切って、マイクを使って開催されました。面白い開催方法でした。
b0242408_14171650.jpg

講演内容は、どうして今の作風になったかという話でした。それは、先生の生き方であり、日本との縁、絵との縁、人間関係でも争いごと、憎しみをもつことを嫌う先生は、絵を描くときも、「調和できますように」「バランスとれますように」と願いながら構図を決め、そして色をおいていっていると言います。

展示してある図書館で絵を鑑賞しながら、先生の話を聞けたということがよかったと思います。

ワークショップは、先生の話を聞きながら、A4の紙を使って、ボールペンで面を分割。そして色をおいていく実習。これは先生が見いだした「パターン」の研究方法であり、訓練方法。実はこれは自分をみつめるのに役に立つということで大学や、今後日本でも紹介したいとのこと。私は実践中、「調和すること」「バランスをとること」だけを考え、無心で取り組んでみました。
b0242408_14185748.jpg


「紙の上に心をのせて、自分の旅に出てください」との言葉で始まったワークショップ。
今回実践した「パターン」の訓練は、実際彼が1981年から面の分割により、作品の研究を重ねているもので、韓国の大学生の教養科目の中で、自分を見つめるために実施し成果をあげており、また近い将来、生活に役立つパターン研究所を作り、作家を育てて、生活の中にパターンが取り入れられるようにしたいと準備もされている。
私が作ったもの
b0242408_14212258.jpg

ワークショップで私たちが実践をしている最中に先生が私たちに語りかけてくれた言葉の中で、心に残った言葉
*世の中の主人公は自分、その私が経営するのは人生。
*食べることでもバランスをとるように、合わせることは簡単でありません。一つ変われば全部変わります。あなたが、きれい。だから私もきれい。バランスが崩れると駄目になる。どうしたら調和できるか考えなくてはならない。
*余裕をみつけてください。
*線はあたたかさ、色は重さをあらわす。
[PR]
by shinkansha | 2014-08-01 11:49 | 文化紹介
9月27日(土)まで千代田図書館9階のミニ展示コーナーで展示しています。
図書館での絵の写真撮影はOKです。

こんなかんじ↓
b0242408_11341161.jpg
b0242408_11335276.jpg
b0242408_11332474.jpg
b0242408_1133093.jpg



展示の絵の隣に、詩も出ています。すてきな絵とすてきな詩と出会ってください。
金永植さんも8月11日まで来日中です。どこかで会えるかもしれませんね。
[PR]
by shinkansha | 2014-08-01 11:35 | 文化紹介
ミニ展示「詩画集『あなたが愛しいだけです』原画展」
新幹社&千代田立図書館連携ミニ展示

詩画集『あなたが愛しいだけです』原画展
韓国・日本・アメリカ・中国で活躍中の現代アート作家・金永植氏の作品展を行います。詩画集『あなたが愛しいだけです』(金永植:詩画、新幹社:出版、2009年発行)の掲載作品から、原画など約30点をお楽しみください。千代田図書館の頁
会期 2014年7月28日(月)~9月27日(土)
場所 千代田図書館9階=ミニ展示コーナー
主催 千代田区立千代田図書館/新幹社
協力 金永植氏(韓国・金泉大学教授)
b0242408_11143690.jpg


関連イベント
①講演会「わたしは今、どこ!?」
②造形ワークショップ「わたしの色さがし」はこちら

作者紹介
金永植(キム・ヨンシク)1958年、釜山生まれ。1985年、嶺南大学校(応用美術学科)卒業。1986年、筑波大学(環境デザイン研究室)。1990年、東京学芸大学大学院(美術教育専攻)修了。1994年より、韓国の金泉大学校教授。個展総数:62回(韓国・日本・アメリカ・中国など)
b0242408_1115272.jpg

[PR]
by shinkansha | 2014-06-16 11:13 | 文化紹介
「成河(ソンハ)」の主演の演劇のお知らせです。
主演俳優「成河(ソンハ)」は、済州島四・三事件を考える会のチョ・ドンヒョン会長の息子。今回、特別価格でチケット絶賛販売中です。ぜひこの機会にいかがですか。



『ショーシャンクの空に』

原作/スティーヴン・キング『刑務所のリタ・ヘイワース』
演出/河原雅彦 脚本/喜安浩平
東京公演 11月2日~11月10日 サンシャイン劇場(池袋)
全席指定:7,500円
他、大阪、福岡、名古屋、松本公演があります。
詳しくはこちら

「ショーシャンクの空に」作品紹介
映画『ショーシャンクの空に』は1994年に全米公開され、その年のアカデミー賞主要7部門にノミネート。日本でもキネマ旬報ベストテンをはじめ、各映画賞の洋画No.1の座を独占。公開から20年が過ぎた今でも、世界中の映画ファンが集まるサイトIMDB(インターネット・ムービー・データ・ベース)のオールタイムベスト250では、常にNo.1に選ばれている。 初の日本の舞台なので注目されている。

(ストーリー)
暗闇でひとりペンを走らせるレッド。30年以上服役していたショーシャンク刑務所で出会った一人の男のことを思い出していた。元銀行家のアンディー。不思議な男だった。どんな劣悪な環境におかれても自らを保ち、希望を捨てず、未来を信じていた。長い囚人生活で、刑務所内で希望を持つことの怖さを知っていたレッドは、そんなアンディーをまぶしくも温かく見守ってきた。なにもかもが変わってしまったシャバには馴染めず、孤独で、またムショに戻ろうかと考えたとき、レッドは、アンディーとのある約束を思い出す──

主演俳優「成河(ソンハ)」は、済州島四・三事件を考える会のチョ・ドンヒョン会長の息子。
新幹社を通してお名前、ご希望日、席の種類、枚数、連絡先を教えていただけましたら、会長を通していい席を、特別価格全席、500円引きで予約可能です。お支払いは、すべて当日、受付で「チケット引き換え」でお願いします。


今回、お申し込みいただきた方は、全公演、500円引きになります!
例)東京・・・全席指定7,500円→7,000円(税込)
地方公演は、こちら

ご希望の方は、新幹社shinkansha@sapphire.bforth.com、までメール、もしくは、会長の携帯:090-3062-6209までご連絡お願いいたします。

[PR]
by shinkansha | 2013-10-04 14:14 | 文化紹介
b0242408_15153714.jpg
ただいま、早稲田大学生協でNR割引ブックフェアをしております。
2013年7月1日~7月31日までNR加盟社10社、協賛社6社の店頭書籍が生協のカードをお見せいただくと、15%OFFになります。
b0242408_1516334.jpg

早稲田大学生協ブックセンター 17号館B1F

・・・NR出版会とは・・・
1969年8月、当時、社歴5年以下、社員10名以下の小出版社が集まって「NRの会」は誕生した。1968年からはじまった全世界的な学生反乱と60年文化が開花するなかで誕生したNRは、反骨・反体制・反権力の色彩が強い出版団体であり、NRとは、ノンセクト・ラディカルの頭文字をとったもの。
○加盟社○
亜紀書房
インパクト出版会
現代人文社
新幹社
新泉社
柘植書房新社
同時代社
七つ森書館
日本経済評論社
風媒社
論創社

○協賛社○
以文社
影書房
現代書館
彩流社
知泉書館
吉田書店

書棚はこんなかんじです。
ぜひ、この期間に早稲田大学生協ブックフェアに遊びにいくのはどうですか?
b0242408_15162962.jpg

[PR]
by shinkansha | 2013-07-11 15:17 | 文化紹介
◆写真集◆『60周年2泊3日の記録・4・3で離れた地、4・3で再び踏みしめる』
文/ムン・ソヨン
写真/カン・ジョンヒョ
図書出版/GAK
214頁。
定価:2,000円
定価+送料でお送りいたします。
送料:
1冊~3冊までは送料400円(全国一律沖縄以外)
4冊以上800円(北海道・中国・四国・九州は1,200円)

これは、済州島四・三事件を考える会主催「60周年の追悼慰霊祭ツアー」の2泊3日の記録写真集です。韓国語、日本語が対に出ており、記録証言も載っております。今年のツアーに参加された方は4・3平和記念館で60周年の写真展もしていたのでご覧になったと思いますが、その時に展示されていた写真もこちらに含まれます。また貴重な記録になっておりますので、研究者、60周年参加者はぜひ一冊いかがでしょうか。
4月24日の追悼集会でに購入してくださった方はどうもありがとうございました。

注文方法:
①希望枚数、お送り先、お名前を記載の上、新幹社の麻生宛shinkansha@sapphire.bforth.comにお送りください。
②後ほど、振込先、お振込み金額をお知らせいたします。
[PR]
by shinkansha | 2013-05-17 16:30 | 文化紹介