深沢夏衣作品集

第23回新日本文学賞特別賞「夜の子供」、遺された未定稿ほか、全エッセイ、書評を収録した初作品集。

  深沢夏衣はすぐれた在日女性作家である。  
  明るい透明性をもったその清冽な作品群は、
  差別を許さない真の文学を読む喜びで私たちを満たしてくれる。
                    ── 高良留美子(詩人・作家)



◆深沢夏衣(ふかさわかい)
日本国籍をもつ在日朝鮮人二世の女性作家。 2014年3月永眠。
寡作ながら平明、的確な文体で、市井に生きる<在日>の家族、女性を描いた。
編集者としての一面をもち、もうひとつの表現<在日>の雑誌を発信。
手がけた「季刊まだん」(73-75年)「季刊ちゃんそり」(79-81年)「地に舟をこげ」(06-12年)から掲載エッセイ、小説を初収録。
本作品集ではじめて全貌が明らかになる。


出版社: 新幹社
ISBN978-4-88400ー111-7
本体価格:7500円+税
b0242408_0181084.jpg
◆目次から
70年代前半を時代背景に葛藤する<在日>二世の群像劇「夜の子供」/北朝鮮帰国事業から40余年、現代日本の片隅で小泉訪朝に接する信子と福子。「パルチャ打鈴」「ぱらんせ」/吹き集まり、必要とし、また離れていく流浪の群れ。長編未定稿「花持つ女」/母の40年ぶりの帰国、エッセイ「この海を越えて……」/沖縄を書き、私を記す。返還直前の揺らめく沖縄を歩いた原点の紀行文「沖縄で考えたこと」。
[PR]
by shinkansha | 2015-11-23 00:43 | 出版物