今年を振り返って…

今年ももう終わろうとしています。
私はこの秋から新幹社で働いていますAと申します。
事務所は本が山のように積んであります。私の後ろには私の背丈より高く天井近くまで積んであるのですが、3月の地震の時も一切、本は崩れなかったそうです。机の上の紙は雪崩落ち、床が見えないくらいしばらく積もりっぱなしだったようですが。本は積み方がしっかりしていれば崩れないんですね。本の印刷やさんの梱包技術、そして出版社の本の積み方の技術というか、やはり出版の歴史が長いのでそれに裏づけされているのではないかと感じました。

本の香りは紙の香りだと思っていたのですが、本ののりの香りみたいです。事務所の戸を開けると、「ぷーん」とその本の香りがする事務所です。本がまわりにある場所で働くことはとても心地いいです。本に囲まれていると、すぐに読みたくなるので、目の前に見える本は箱の中に隠し、もしくは、背後におくようにしながら、仕事をしています。

さて、私が新幹社に来たのは、日本社会の中で、今こそ言わなければならないことが主張できる出版社だと思ったからです。新幹社の刊行した本は200冊近くになります。数人のスタッフで運営している出版社だと勝手に想像していたのですが、そうではなく社長が一人で、営業、経理、編集すべてなさっていました。3年前にオープンした韓国家庭料理のオーナーでもあるので、実は、この3年間、出版社で仕事ができる時間は午前中1時間半、午後2時間半から3時間しかありませんでした。そんな中、本を出し続けたということが奇跡です。お店に出かけるときも、出版人であることを忘れず、原稿が入った重いカバンを持って移動です。

今日も社長はランチのウェイターをするために出発しました。
今年も今日が私の仕事納めです。
今年が無事に終わったことを感謝し、新幹社が少し元気になるように、来年も気持ちを引き締めてがんばります。どうぞよろしくお願いいたします。
来年は、もっと出版関係者とも出会い、交流を深めてみたいです。

みなさま、よいお年をお過ごしください。
[PR]
by shinkansha | 2011-12-28 08:44 | スタッフA