金ソンセンニム-済州島を愛し、民族教育に生きた在日一世-

b0242408_12383748.jpg

イルム(名前)の会/編
本体価格:2,000円+税
発行:2011年

(内容)
戦前、済州島から大阪にやって来た金容海は、戦後、民族教育の現場で一貫して生きていくことになった。しかも、日本の小学校で、課外におこなわれる民族学級の民族講師として、36年に及ぶ長きにわたって。その一方、故郷・済州島への愛情はみかんの苗木を送ったり、活動は尽きなかった。
[PR]
by shinkansha | 2011-12-20 12:41 | 出版物