北朝鮮帰国者問題の歴史と課題

b0242408_1263572.jpg

坂中英徳、菊地嘉晃、韓錫圭/共著
本体価格:2,500円+税
発行:2009年

(内容)
1959年12月、在日朝鮮人を乗せた帰国船が北朝鮮へ出港してから50年。9万3000人の帰国者(日本人配偶者も)のうち、現在、約200人が日本に再び帰ってきている。「帰国事業」とは何だったのか、そして、なぜ帰国者は日本に帰ってくるのか。歴史的背景を論じながら、今後のあり方を問う。
[PR]
by shinkansha | 2011-12-19 15:01 | 出版物