弁護士・金敬得追悼集

b0242408_2054241.jpg

金敬得追悼文集編集委員会 編
本体価格:2,000円 プラス税
発行:2007年

(内容)
2005年、56歳で早逝した金敬得弁護士の追悼集。外国籍のまま初めて弁護士になった金敬得弁護士は、指紋押捺拒否、外国人年金差別、在日の元「従軍慰安婦」裁判など、弱小者の立場に立ち、民族的な活動を展開した。同時代を共に生きた友人たちが彼の生きた道を検証する。
[PR]
by shinkansha | 2011-12-14 20:55 | 出版物