柳寛順物語

b0242408_20365844.jpg

著者:柳大河
本体価格:2000円 プラス税
発行:2006年

(内容)
1919年、植民地支配期に民族独立を宿望して起きた三・一独立運動。当時、梨花学堂の学生だった柳寛順は独立運動に参画し、民衆に大きな影響を与えた。逮捕された後、裁判中、獄中でも独立を叫び続け、獄死を余儀なくされる。信仰に生き、民族独立のために死んだ柳寛順の感動の一生。
[PR]
by shinkansha | 2011-12-14 20:38 | 出版物