在日外国人の住民自治-川崎と京都から考える-

b0242408_1943425.jpg

富坂キリスト教センター在日朝鮮人の生活と住民自治研究会 編
本体価格:2,000円 プラス税
発行:2007年

(内容)
在日朝鮮人が地方自治体とかかわる時、どのような形でかかわってきたのだろうか。従来は住民として見えない存在であった。そこで生活史の観点から、川崎と京都での実例をもとに、これからの多文化共生社会のありようや、「国民国家」の行方を探究する。
[PR]
by shinkansha | 2011-12-14 19:04 | 出版物