竜のおたけび

著者:礼田時生
本体価格:1,800円 プラス税
発行:1999年

(内容)
茨城県に住む著者は、原子力発電所・東海村がいつチェルノブイリ原発事故のようになるやもしれぬと考えている。ビキニ水爆をめぐるルポと、江戸期の浅間山噴火がもたらした大飢饉を歴史小説としてオーバーラップさせる。茨城県に住む著者は、原子力発電所・東海村がいつチェルノブイリ原発事故のようになるやもしれぬと考えている。それが福島原子力発電所で現実となってしまった。ビキニ水爆実験をめぐるルポ、江戸期の浅間山噴火を歴史小説としてオーバーラップさせ、核と隣り合わせで生きる事を問う。
[PR]
by shinkansha | 2011-12-13 11:57 | 出版物